カテゴリー: 小説

風の歌を聴け

まるで狡猾な猿のように 僕にその本をくれた叔父は三年後に腸の癌を患い、体中をずたずたに切り裂かれ、体の入口と出口にプラスチックのパイプを詰め込まれたまま苦しみ抜いて死んだ。最後に会った時、彼はまるで狡猾な猿のようにひどく…

Read the full article

羊をめぐる冒険

影のように冷やり トマトといんげんは影のように冷やりとしていた。 二流の女子大のコーラス部員みたい 服装も顔つきも平凡で、二流の女子大のコーラス部員みたいに見えた。 一人息子の写真でも見せるように 彼は一人息子の写真でも…

Read the full article

海辺のカフカ

春の胞子のように 永遠に傷つくはずのないナイーブでイノセントな想いが、彼女のまわりに春の胞子のように浮かんで漂っている。 まるで斜めに傾いた額ぶちを見るみたいな 彼女は眉を寄せて、まるで斜めに傾いた額ぶちを見るみたいな目…

Read the full article

国境の南、太陽の西

かくれんぼをしている小さな子供のように それはかくれんぼをしている小さな子供のように、奥の方に身を潜めながらも、いつかは誰かの目につくことを求めていた まるでレストランのいちばん奥の静かな席に、そっと予約済の札を立ててお…

Read the full article

1973年のピンボール

涸れた井戸に石でも放り込むように 彼らはまるで涸れた井戸に石でも放り込むように僕に向って実に様々な話を語り、そして語り終えると一様に満足して帰っていった。 段ボール箱にぎっしりと詰め込まれた猿の群れを思わせた 誰もが誰か…

Read the full article