月: 2018年12月

偶然の旅人

打ちそびれた句読点のように 時間がたって、女の顔やプジョーの像が消えたあとでも、そのほくろのかたちだけはくっきりと残った。その小さな黒い点は、目を開けても目を閉じてもそこに浮かび、打ちそびれた句読点のようにひそやかに、し…

Read the full article

三つのドイツ幻想

まるで、巨大なペニスを讃えるといった格好 白っぽいブロンドで、ブルー・アイズで、胴がきりっとしまっていて、笑顔が可愛い。彼女はまるで、巨大なペニスを讃えるといった格好でビールのジョッキを抱え、我々のテーブルに運んでくる。…

Read the full article

七番目の男

まるで全速力で走ってくる無慈悲な機関車に正面から衝突するような 次の瞬間にはもう波は彼を呑み込んでいました。まるで全速力で走ってくる無慈悲な機関車に正面から衝突するようなものでした。 (『レキシントンの幽霊』収録) 引用…

Read the full article

レキシントンの幽霊

まるで柔らなかな木槌みたいに これという意味もなく、手の中で何度かくるくるまわしてみた。その銀色のコインは僕に、ソリッドな現実の感覚を思い出させてくれた。 何かが、まるで柔らなかな木槌みたいに僕の頭を打った。 床にこぼれ…

Read the full article

トニー滝谷

生暖かい闇の汁のように 孤独が生暖かい闇の汁のようにふたたび彼を浸した。 (『レキシントンの幽霊』収録) まるで細いパイプに静かにしかし確実にごみが溜まっていくみたい しかししばらく演奏を聴いているうちに、まるで細いパイ…

Read the full article

タイランド

運勢でも占うみたいな 灰色の毛をした猿たちは道路沿いに並んで座り、走りすぎていく車を、運勢でも占うみたいな目つきでじっと眺めていた。 (『神の子どもたちはみな踊る』収録) 引用:『タイランド』 村上春樹

めくらやなぎと眠る女

まるで狡猾な動物みたいに 新しい型の大型バスはまるで狡猾な動物みたいにアスファルト道路にぴったりと貼りつき、くぐもった音を立てながら斜面をかけのぼっていった。 (『蛍・納屋を焼く・その他の短編』収録) ずっと昔に聞いた雨…

Read the full article

めくらやなぎと、眠る女

細いナイフの先でコルクの栓をほじくるみたい プラスチックの椅子の上でからだの位置を変え、頬杖をついたまま、記憶の層を掘り返してみる。細いナイフの先でコルクの栓をほじくるみたいに。 (『レキシントンの幽霊』収録) まるで項…

Read the full article

UFOが釧路に降りる

毛の短い有蹄類を連想させるような 一人は色白で、170センチ近く、髪が短い。鼻から盛り上がった上唇にかけて、毛の短い有蹄類を連想させるような、妙に間延びしたところがあった。 (『神の子どもたちはみな踊る』収録) 引用:『…

Read the full article