ノルウェイの森

フランドル派の陰うつな絵の背景のように

十一月の冷ややかな雨が大地を暗く染め、雨合羽を着た整備工たちや、のっぺりとした空港ビルの上に立った旗や、BMWの広告板やそんな何もかもをフランドル派の陰うつな絵の背景のように見せていた。

アパートを改造した刑務所かあるいは刑務所を改造したアパートみたいな

窓の沢山ついた大きな建物で、アパートを改造した刑務所かあるいは刑務所を改造したアパートみたいな印象を見るものに与える。

死体安置所のように

でもそれに比べると僕の部屋は死体安置所のように清潔だった。

歯を一本一本取り外して洗っているんじゃないかという気がするくらい

顔を洗うのにすごく長い時間がかかる。歯を一本一本取り外して洗っているんじゃないかという気がするくらいだ。

どこか狭くて細長い場所にそっと身を隠しているうちに体が勝手に細くなってしまったんだという風だった

彼女のやせ方はとても自然でもの静かに見えた。まるでどこか狭くて細長い場所にそっと身を隠しているうちに体が勝手に細くなってしまったんだという風だった。

ローマのコロセウムの遺跡みたい

おかげで直子の部屋にたどりついたときにはケーキはローマのコロセウムの遺跡みたいな形に崩れていた。

珍しい動物の入っている檻でものぞきこむような

彼女はもう一度サングラスを外してテーブルの上に置き、まるで珍しい動物の入っている檻でものぞきこむような目つきで僕をじっと眺めた。

きれいに壁土を塗ってるみたい

私、あなたのしゃべり方すごく好きよ。きれいに壁土を塗ってるみたいで。

雨にうたれた猿のように

「ううん、そんなことないのよ。私が今すこし疲れてるだけ。雨にうたれた猿のように疲れているの」

一昔前のポーランド映画みたいな

それほど広くはない部屋で、窓からは一昔前のポーランド映画みたいなうす暗い光がさしこんでいた。

引用元:『ノルウェイの森』 村上春樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です