七番目の男

まるで全速力で走ってくる無慈悲な機関車に正面から衝突するような

次の瞬間にはもう波は彼を呑み込んでいました。まるで全速力で走ってくる無慈悲な機関車に正面から衝突するようなものでした。
(『レキシントンの幽霊』収録)

引用:『七番目の男』 村上春樹