神の子どもたちはみな踊る

まるで夢の中でとりあえずしつらえられた

あたりには人の生活の気配はなく、まるで夢の中でとりあえずしつらえられた架空の風景のようだ。

古い革のように

気がつくと喉の奥が古い革のように乾いていた。

引用:『神の子どもたちはみな踊る』 村上春樹